グローバル化や IT 化が進展する中で、先進国企業は、単純なコスト競争では新興国企業に太 刀打ちできない状況になっています。先進国企業には、各社固有の「知的資産」に着目し、それぞれの価値の創造と維持を追求した「知的資産経営」を実践することが必須になりつつあるといえます。

こうした環境の中、中小企業は知的資産経営の成果をまとめた「知的資産経営報告書」を作成し、開示・公表することは、経済産業省により推奨されています。これら知的資産経営導入と知的資産経営報告書の作成をサポートします。