離婚協議書に関する相談

大切な約束や取り決めなどを、あなたはしっかり覚えていますか?
また、約束した相手もしっかり覚えていますか?
大切な約束が曖昧になってしまうと、後々のトラブルの原因になりがちですが、書面として残しておけば、後でしっかりと確認することができるため、後々のトラブルを回避することができます。

行政書士は、「権利義務に関する書類」について、その作成と相談を行う専門家です。当事務所では離婚協議に関する書類を法律的に正しい内容で書面化しておくために、作成(代理人としての作成を含む)およびサポートやアドバイスを行います。

 

離婚協議書作成

協議離婚は、離婚届けを出してしまえば手続き的には完了です。しかし、離婚届を出す前に決めておかなければならないことがたくさんあります。

また、口約束だけで決めてしまうと約束を守ってもらえず、後悔することにもなりかねません。
離婚協議書がない場合、離婚当時の約束事を証明するのは困難ですが、離婚協議書があれば離婚当時の約束事を証明することがとても容易になります。
将来のトラブル予防に、また争いが起きてしまったときの証拠として離婚協議書を作成しておくと安心です


離婚公正証書作成


では、離婚協議書さえ作れば十分なのでしょうか。そのようなことはありません。
離婚協議書ができても、離婚協議書自体に強制執行力はありません。また、支払が滞った場合に、実際に裁判などの手続きを行うことは面倒ですし、かなりの費用と時間を費やします。

離婚協議書をさらに強力なものにしたのが、公正証書による離婚協議書、これを離婚給付等契約公正証書といいます。公正証書は非常に強力で、裁判をしなくても強制執行をする権利を手にすることができます。
公正証書にしておけば、支払が滞った場合に給料を差し押さえることもできますし、相手にとっては大変なプレッシャーになり、未払いを防ぐという効果もあります。また、公正証書にしておけば、万が一、紛失したとしても公正役場で原本を原則20年保管しているので、再発行してもらうことも可能です。

料金(消費税別)

離婚協議書作成 100,000円 ご夫婦で取り決めた内容をお聞きし、当事務所で離婚協議書を作成します。
離婚協議書添削 100,000円 お客様で作成された離婚協議書を添削します。文言等に問題がないかのチェックを行うものであり、当事務所にて新たに離婚協議書を作り直すサービスではありません。
離婚公正証書作成サポート 100,000円 公正証書原案作成、公正証書手続き全般をサポート。公正証書の受取は含まれません。ご夫婦揃って取りに行っていただくことになります。
 離婚公正証書作成フルサポート 100,000円 サポートの業務+ご夫婦どちらかの受取の代理も含みます。この場合、私と夫(または妻)の二人で受け取りに行きます。

※公正役場への手数料が別途必要となります。

・公正人手数料

慰謝料・財産分与等の価格 手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで  43,000円